セカンドオピニオンについて

トップページ > ご利用案内|セカンドオピニオンについて
セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンという言葉は近頃新聞などでも見かける言葉ですから、ご存知の方が多いと思います。この英語をそのまま日本語に直せば「第二の意見」となりますが、インフォームドコンセントなどと共に特に医療の分野の言葉として定着しつつあるように思います。

セカンドピニオンとは、病院でご自分やご家族の方が受けられようとしている診療の内容について医師から説明を受けても理解出来なかったり、あるいは別にもっと良い治療方法があるのではないかと疑問が生じた時に、他の医療者の意見を聞くことを意味します。

私たちの病院では病気の経過およびその治療法について、起こりうる副作用や合併症など出来るだけ詳しくご説明を行ったうえ、十分に納得して頂いてから診療を行っています。これはインフォームドコンセントと言われています。

しかし一般の方には専門的な医療知識がないので医師から説明を受けてもどのように判断したら良いか分らないこともあると思います。そのために別の医師の意見を聞きたいと思われ時には、ご遠慮なさらずに申し出てください。レントゲンフィルムなどの資料をお貸しします。また患者さまの病状について私達の診療内容をこれから意見を求めようとされる医師に提供致します。

医師によっては病気に対する考え方が違うことがあります。また医師や病院によって、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。セカンドオピニオンを求められた結果、納得されたら私達の病院で診療を受けてください。また逆に、他の病院の診療について疑問などがありましたら遠慮なくご相談ください。

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.