眼科センター

トップページ > 診療科のご案内|眼科センター
眼科センター

眼科センターのご案内

眼科一般の幅広い領域の疾患の診察を行っております。
以下のとおり診察日が増えました。

診察日

月曜日(午前・午後)
火曜日(午前・午後)
水曜日(午前・午後)
木曜日(午前)
金曜日(午前・午後)
土曜日(午前〈第2・第4〉)

特長

眼科センターでは、毎週木曜日午後と月1~2回の月曜日午後・土曜日午前に手術日を設けており、主に白内障手術を日帰り(入院も可)で行っております。白内障手術の際に用いる人工眼内レンズには、主に保険診療で用いる単焦点眼内レンズを使用しております。(当院の白内障手術の待ち日数は、2~3か月程度となっております。)

また、手術は白内障手術のみで無く、眼瞼下垂や眼瞼内反症に対する眼瞼手術や結膜弛緩症や翼状片に対する結膜手術、網膜前膜や硝子体混濁に対する硝子体手術、緑内障に対する低侵襲緑内障手術、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に対する硝子体注射も併せて日帰りで行っております。

眼科検査は、視能訓練士(眼科領域における専門技術者)4名(月曜・水曜・金曜は4名)が担当しております。近年、高齢化が進んだ事もあり、ご年配の方や車イスで来院される方も増えておりますが、状態を確認し、必要に応じた検査・診察をさせていただきます。

患者さんが話しかけやすい雰囲気で、安全に配慮しながら検査を行っていくよう心掛けております。質問や症状等の不安などがありましたら、気軽にお声をかけて下さい。

アイステント手術

早期~中期の緑内障に対して行う、MIGS:低侵襲緑内障手術(目に負担の少ない緑内障手術)のひとつです。白内障手術と同時に行い、アイステントというチタン製の器具を目の中の組織に2か所埋め込みます。

緑内障治療

緑内障とは、目と脳を繋ぐ視神経がなんらかの原因により障害されてしまい、それによって視野が欠けてきてしまう病気です。進行を抑えるために、目の中の圧力である眼圧を下げる治療が必要となります。一般に、点眼薬を使用して眼圧を下げるのが第一選択となります。点眼薬だけでは症状が悪化してしまう場合などには、目の中を満たす房水の流れを良くする為に繊維柱帯という組織を切る手術が選択されます。切開範囲が大きいため、目に対する負担も大きいです。

アイステント手術はそういった従来の手術よりも目に負担の少ない手術であり、点眼薬治療と本格的な手術の中間に位置づけられます。アイステント手術で効果が十分に得られない場合には、他の方法での再手術も可能です。

アイステント手術について

白内障手術と同時に行います。白内障手術で小さな切開を行いますが、その切り口からアイステントという器具を、繊維柱帯という組織に2か所挿入します。それによって房水の流れを良くすることで、眼圧を下げることが期待できます。そして、緑内障点眼薬の数を減らせる可能性があります。

アイステント

長さ0.36㎜と極小な、医療用チタン製の管です。挿入後も、手術後にお渡しするカードに記載された条件で、MRI検査を受けることができます。

つける
はずす

近視抑制治療(低濃度アトロピン点眼)

近視について

目に入ってきた光が、網膜(光を感じる神経の膜)にぴったりと焦点を結ぶ状態を、正視と言います。それに対して、光が網膜の手前で焦点を結ぶ状態を近視と言います。近視の状態では、遠くを見る時にピントが合わず、はっきりと見ることができません。近視の原因は、屈折異常と眼球が伸びる(眼軸が伸びる)ことで、近視抑制には、これらの進行を抑えることが重要となります。日本では2人に1人が近視と言われており、6歳~20歳前後が最も進行しやすいと言われています。

治療の必要性・目標

高度な近視の場合、網膜剥離、緑内障や黄斑変性などの眼疾患に発展する可能性が高くなります。低濃度アトロピンの使用により、50~60%の屈折度数・眼軸延長の抑制をするという報告があります。

治療の適応・対象

  • 【年齢】
    小学生以上
    18歳以下
  • 【屈折】
    中程度(-6.00D)
    以下の近視

※視力異常をきたす、他の疾患がないこと

検査・治療の費用

就寝前に、低濃度アトロピン点眼液を、両眼に1滴ずつ点眼します。

受診日 内容 費用(自費診療)
点眼開始日 検査・診察
(点眼薬1本お渡し)
4,800円(税込)
点眼開始日より2週間目 検査・診察
(点眼薬お渡し無し)
お支払い無し
点眼開始日より1ヶ月目 検査・診察
(点眼薬2本お渡し)
5,150円(税込)
点眼開始日より3ヶ月目とそれ以降 検査・診察
(点眼薬3本お渡し)
5,500円(税込)

※点眼薬を紛失した場合には、処方の為に別途費用が掛かります。

注意事項・副作用

本治療は、近視進行を抑制するものであり、全く進行しなくなるものではありません。また、視力を回復するする治療ではありません。

副作用

オルソケラトロジーとは?

近視および近視性乱視の角膜に、特殊なデザインのハードコンタクトレンズを就寝時に装用することで、角膜の形状を一定期間変形させ、日中裸眼で過ごせるようにする視力矯正治療です。

オルソケラトロジーとは?

特徴

オルソケラトロジーの仕組み

レンズ装着前

レンズ装着前

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため像がぼやけて見えます。

つける

つける

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形状を矯正し、光は焦点を網膜上に結びます。

はずす

はずす

レンズをはずしても一定時間角膜形状が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

レンズの内面は複数のカーブで構成されています。夜寝ている間に装用することで角膜自体が矯正されるため、朝起きてナイトレンズを外しても矯正効果が一定期間持続します。

オルソケラトロジーに向く方は?

「裸眼の生活」にこだわりを持つ方におすすめです。

  • 軽度、中程度の近視の方
  • 手術に抵抗のある方
  • 目薬を頻繁にさす方
  • メガネ・コンタクトレンズが合わない方
  • 激しいスポーツをする方
  • しっかりと睡眠のとれる方
  • 定期検査に通える方
  • 近視の進行を抑制したい方

オルソケラトロジー治療の流れ

1)初回検査

2)お試し装用

3)治療開始

4)定期検査

ご注意点

治療費用

お試し装用

初年度

2年目以降

Page Top

ICLとは?

角膜を削らない、安全性の高い視力矯正

ICL(Implantable Contact Lens)とは、眼内コンタクトレンズ治療の名称です。眼内に薄いレンズを挿入することで視力を矯正する治療法で、角膜を削らない安全性と、レンズを取り出せば元に戻せることが大きな特長です。

現在普及している屈折矯正手術としてはレーシックが一般的ですが、レーシックは、レーザーで角膜を削るため、強度の近視や乱視、角膜が薄い方、円錐角膜の方などには適応されません。角膜の強度を保つために治療できる度数にも限界があります。ICLは、こうしたレーシックに不向きな方にも対応できるうえ、見え方の質が良く、安全性の高い治療法として、世界的に注目されています。

ICL手術に適した方

  • レーシックが不安な方
  • 強度の
    近視・遠視・乱視の方
  • 角膜の薄い方
  • 20〜40歳の方
    (目の状態によっては
    それ以上の方も可)

ICLメリット

メリット1 : 目にやさしい

メリット2: お手入れ不要

メリット3 : 取り出し可能

メリット4 : ドライアイになりにくい

メリット5 : グレアが起こりにくい

メリット6 : 手術時間が短く、回復も早い

★デメリットとしては、老眼を自覚し易くなる。ハロー(暗い場所で光を見ると周りに薄いリングが見える)現象が起きる。

ICLの手術から検査まで

初診(適応検査)

術前検査①

注意事項

  • 瞳孔を開いて検査するため、お車での来院は控えてください。
  • 検査後2日間程度、瞳孔が開いていてまぶしく感じます。
  • 手元が見づらくなります。

術前検査②

レンズの取り寄せ

手術へ

ICL手術の流れ

手術の所要時間は、片眼で10分程度です。入院の必要はありません。

洗眼・点眼麻酔

角膜切開

レンズ位置を調整

点眼して終了

※術後検査として、翌日、翌々日、1週間後、2週間後、1ヶ月後...と検査を受けていただきます。(場合によっては散瞳検査を行います。)

費用について

ICL術前検査代

ICLレンズ挿入

手術代金+術直前〜術後3か月までの 診察・検査・投薬費込

  片眼 両眼
乱視なし 350,000円(税込) 650,000円(税込)
乱視あり 400,000円(税込) 700,000円(税込)
Page Top

スタッフ

市川 慶 眼科部長

市川 慶 眼科部長

経歴

平成20年 愛知医科大学 医学部 卒業
平成22年 社会保険中京病院 眼科
平成25年 岐阜県赤十字病院 眼科
令和 元年 総合青山病院 眼科 部長

学位・資格

日本眼科学会専門医

所属学会

日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本白内障学会
日本眼内レンズ屈内手術学会(JSCRS)
米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)
米国眼科学会(AAO)

専門分野

白内障、屈折矯正

患者さんへメッセージ

「視る」という機能は日常生活を送る上でとても重要な機能です。当院では視機能向上を患者さまに提供できるよう、日々精進を続けております。見づらさなどを感じたら、お気軽にご相談ください。

後藤 修 眼科部長

後藤 修 眼科部長

経歴

昭和53年 金沢大学医学部 卒業
昭和53年 名古屋大学医学部 眼科学教室 入局
昭和58年 市立岡崎病院 
平成30年 岡崎市民病院
平成30年 豊田若竹病院
令和 2年 総合青山病院 眼科 部長

学位・資格

日本眼科学会専門医
学位医博
臨床研修指導医

所属学会

日本眼科学会
網膜硝子体学会
眼科手術学会

専門分野

網膜、硝子体

患者さんへメッセージ

よろしくお願いいたします。

古川 友大 眼科医長

古川 友大 眼科医長

経歴

平成27年 藤田保健衛生大学 医学部 卒業
平成27年 独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院 
平成29年 独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院 眼科 
平成30年 大雄会第一病院、中京眼科
令和 3年 総合青山病院 眼科 医長

学位・資格

日本眼科学会専門医

所属学会

日本眼科学会

専門分野

眼科一般

患者さんへメッセージ

患者さま第一に考え診療に取り組みたいと思います。
よろしくお願いします。

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.