眼科

トップページ > 診療科のご案内|眼科
眼科

眼科のご案内

眼科一般の幅広い領域の疾患の診察を行っております。
以下のとおり診察日が増えました。

診察日

月曜日(午前・午後)
火曜日(午前・午後〈不定期〉)
水曜日(午前・午後)
木曜日(午前)
金曜日(午前・午後)

特長

眼科では、毎週木曜日午後と月1~2回の土曜日午前に手術日を設けており、主に白内障手術を日帰り(入院も可)で行っております。白内障手術の際に用いる人工眼内レンズには、主に保険診療で用いる単焦点眼内レンズを使用しております。(当院の白内障手術の待ち日数は、2~3か月程度となっております。)

また、手術の際は白内障手術のみで無く、眼瞼下垂や眼瞼内反症に対する眼瞼手術や結膜弛緩症や翼状片に対する結膜手術、網膜前膜や硝子体混濁に対する硝子体手術、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に対する硝子体注射も併せて日帰りで行っております。

眼科検査は、視能訓練士(眼科領域における専門技術者)3名(月曜・金曜は4名)が担当しております。近年、高齢化が進んだ事もあり、ご年配の方や車イスで来院される方も増えておりますが、状態を確認し、必要に応じた検査・診察をさせていただきます。

患者さんが話しかけやすい雰囲気で、安全に配慮しながら検査を行っていくよう心掛けております。質問や症状等の不安などがありましたら、気軽にお声をかけて下さい。

オルソケラトロジーとは?

近視および近視性乱視の角膜に、特殊なデザインのハードコンタクトレンズを就寝時に装用することで、角膜の形状を一定期間変形させ、日中裸眼で過ごせるようにする視力矯正治療です。

オルソケラトロジーとは?

特徴

オルソケラトロジーの仕組み

レンズ装着前

レンズ装着前

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため像がぼやけて見えます。

つける

つける

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形状を矯正し、光は焦点を網膜上に結びます。

はずす

はずす

レンズをはずしても一定時間角膜形状が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

レンズの内面は複数のカーブで構成されています。夜寝ている間に装用することで角膜自体が矯正されるため、朝起きてナイトレンズを外しても矯正効果が一定期間持続します。

オルソケラトロジーに向く方は?

「裸眼の生活」にこだわりを持つ方におすすめです。

  • 軽度、中程度の近視の方
  • 手術に抵抗のある方
  • 目薬を頻繁にさす方
  • メガネ・コンタクトレンズが合わない方
  • 激しいスポーツをする方
  • しっかりと睡眠のとれる方
  • 定期検査に通える方
  • 近視の進行を抑制したい方

オルソケラトロジー治療の流れ

1)初回検査

2)お試し装用

3)治療開始

4)定期検査

ご注意点

治療費用

お試し装用

初年度

2年目以降

定期検査代 5,000円/回(年間20,000円)

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.