漢方内科

トップページ > 診療科のご案内|漢方内科
小児科

漢方内科のご案内

漢方内科では、冷え性、めまい、頭痛、虚弱体質、アトピー性皮膚炎、花粉症、更年期、関節リウマチなど、幅広い症状に漢方を取り入れた診療を行っています。

特長

漢方は、ストレスや病気とその治療の為の薬(西洋薬)によってもすっきりしないときに、自然から作られた生薬によって、身体の調子を徐々に整えて行きます。なんとなく調子が悪い、病院へ通っているのになかなか効果がない、効果的な治療法が見つからないなど、身体の不調が消えない方は、ぜひ一度漢方内科へご相談ください。患者様一人ひとりの病状や状態を見極め、体質に合った漢方薬を用いて身体を少しずつ良い状態に戻して行きましょう。

Page Top

スタッフ

牧野 健一 医師[非常勤]

牧野 健一

経歴

昭和56年 愛知医科大学医学部卒業
昭和59年 犬山中央病院 小児科
昭和60年 愛知医科大学 小児科助手
昭和61年 新城今泉病院
平成 3年 総合青山病院 小児科 部長
平成24年 総合青山病院(非常勤) 小児科・漢方内科

学位・資格

日本東洋医学会専門医

患者さまへのメッセージ

現在の治療だけではなんとなく身体の不調が消えない方は漢方外来へ是非一度ご相談下さい。患者さんの一人ひとりの病状や状態(漢方ではこれを「証」と言います)を見極めながら、身体を少しずつ良い状態に戻して行きましょう!

こんな症状の方は、ご相談ください

・病院へ通っているのになかなか効果がない
・薬の副作用が気になる
・効果的な治療法が見つからない

有効な疾患

冷え性・めまい・頭痛・虚弱体質・アトピー性皮膚炎・花粉症・更年期・関節リウマチ etc...

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.