臨床工学室

トップページ > 診療支援部門のご案内|臨床工学室
臨床工学室

臨床工学室のご案内

当院の臨床工学室では、医師や看護師とチームを組んで、「生命維持管理装置の操作や各種医療機器の保守・点検」を行っています。

生命維持管理装置とは人の呼吸、循環、代謝といったような生命維持に直接つながる機能を代行したり、補助したりする装置のことで、当院にて現在、使用している装置は下記のようなものがあります。

Page Top

医療機器

呼吸に関連した機器

人工呼吸器

循環に関連した機器

IABP、心臓ペースメーカー、除細動器、電気生理測定装置

代謝に関連した機器

血液浄化装置(血液濾過透析、血液吸着、血漿交換、腹水・胸水濾過濃縮再静注)

Page Top

その他

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査においては、おもに介助として、心内圧測定、心拍出量測定、心内心電図測定、などのポリグラフ管理をはじめ、PTCA(経皮的冠動脈形成術)においては心電図12誘導記録、その他、体外式ペースメーカー、補助循環装置(IABP)などの操作、体内式ペースメーカー植込みの介助などを行っています。

保守管理

生命維持管理装置の保守管理は、もちろんのこと臨床工学技士は、手術室、集中治療室、各病棟にある様々な医療機器たとえば、輸液ポンプ、シリンジポンプ、医用モニタなどが安全で性能が維持できるように保守・点検を行い管理することにより効率的で適切な運用ができるようにしています。
また、医療ガスにおいては、供給源からアウトレットまでの保守管理を、医療機器においては生命維持管理装置の他に、コメディカル以外で使用する医療機器すべての保守管理を行なっています。

勉強会

必要に応じ院内の医療機器の勉強会を看護部門に対して行っています。

Page Top

スタッフ

臨床工学技士 1名

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.