診療情報管理室

トップページ > 診療支援部門のご案内|診療情報管理室
診療録管理室

診療情報管理室のご案内

近年の医療情勢の変化、その中でも診療録(カルテ)やそこから収集される診療情報の収集、管理、分析は大変重要視されるようになりました。そのため、当院においても診療情報管理室を設置し、診療情報の収集を行っています。

主な業務内容

将来の展望

医療を取り巻く環境変化の大きな変化の一つとして、急性期病院においては医療の質向上や透明化のため、DPC(診断名を基礎とする診療パターン分類/入院費の包括払い制度)を多くの病院が導入しています。

当院もDPCによる入院請求を開始するため、厚生労働省のDPC調査に参加し、準備を進めています。

診療部門をサポートする部署として、また、診療情報を扱う専門部署として、医療を取り巻く様々な環境に対応できるよう情報の収集に努めています。

診療情報管理士とは

ライブラリーとしての診療録を高い精度で機能させ、そこに含まれる情報を収集・加工・分析・編集する事により、医療の質向上に寄与する専門職です。

Page Top

Link

Page Top
Copyright © Aoyama Hospital All Rights Reserved.