平成30年度 総合青山 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 28 22 58 134 222 433 735 686 300
平成30年度に当院一般病棟を退院された患者さまの人数を10歳刻みで集計したものです。
当院は地域に根差した公益性の高い診療体制の充実を目指し、幅広い年齢層の患者さまにご利用頂いています。
60歳以上の患者さまの割合が全体の約8割を占めており、ご高齢の患者さまからの需要が高いことが特徴となっています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 290 2.28 2.67 0 65.70
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 27.08 20.92 8.14 82.36
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 37 21.41 13.46 2.70 87.81
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 19 18.05 12.58 0 84.53
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 17.76 17.66 5.88 89.35
内科は消化器内科の疾患も扱っており、なかでも大腸ポリープが圧倒的に多いです。2番目の誤嚥性肺炎は肺炎のなかでは最も多い疾患であり、食べ物や飲み物と一緒に細菌が誤って肺や気管支に入ることによって発症します。3番目は急性肺炎です。A-DROPスコアとは肺炎の重症度を表しており、スコア1は中等症とされています。4番目は急性腎盂腎炎・尿路感染症です。5番目は急性心不全・慢性心不全の急性増悪です。2番目から5番目までの平均年齢は80歳代であり、年齢層は非常に高齢であることが特徴となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 38 6.42 4.96 0 65.39
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 28 4.00 4.41 0 66.96
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 27 4.00 4.45 0 66.11
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 27 4.00 4.33 0 75.33
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 15 3.00 6.70 0 68.13
外科は2番目から4番目が大腸癌(化学療法)、5番目が胃癌(化学療法)であり、悪性腫瘍の化学療法目的が上位を占めているのが特徴となっています。当院外科は消化器系疾患および腹部の救急疾患の患者さまが多く、悪性腫瘍の患者さまが全体の過半数を占めています。悪性腫瘍では大腸癌が最も多く、切除術や人工肛門造設術といった外科的手術や化学療法に力を入れています。平均年齢は60歳代から70歳代とやや高めのため、手術は出血量を少なくかつ短時間に行い、患者さまの負担を減らすよう心掛けています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 67 52.15 26.30 8.96 85.79
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 56 47.93 19.61 5.36 83.66
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 28 34.64 24.26 0 78.93
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 27 13.11 14.27 0 33.74
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 23 5.65 7.29 0 49.35
整形外科は股関節大腿近位骨折が最も多いです。平均年齢は80歳代と非常に高く、高齢者の転倒・転落によって起こる骨折です。2番目の胸椎・腰椎椎体骨折は、高齢化に伴う骨粗鬆症の影響や転倒・転落による外傷で発生し、歩行困難となるため緊急入院となります。3番目は変形性膝関節症です。加齢により膝関節の軟骨がすり減り、膝関節機能に支障をきたす疾患です。当院は回復期リハビリテーション病棟を併設しているため、平均在院日数は全国に比べて長く転院率は10%未満です。4番目と5番目は膝の半月板損傷や十字靭帯損傷です。平均年齢は30歳代から40歳代と低く、おもにスポーツによる外傷で起こる疾患です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 11.70 15.41 0 62.70
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1 なし 23 18.96 20.71 0 66.83
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 30.42 16.18 21.05 75.00
030390xx970xxx 顔面神経障害 手術あり 手術・処置等1 なし 15 13.40 10.91 0 51.87
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 9.67 9.69 0 79.47
脳神経外科は脳動脈瘤、脳梗塞、脊椎・脊髄疾患などさまざまな疾患を扱っています。当院は健診センターを併設しており、脳ドックにて発見された脳動脈瘤の早期治療に力を入れています。3番目の脳梗塞は点滴治療やリハビリテーションを行います。当院は回復期リハビリテーション病棟を併設しているため、平均在院日数は全国に比べて長めとなっています。5番目は慢性硬膜下血腫です。転倒・転落による外傷で頭を強くぶつけたりすることで発生します。脳神経外科は一般外来の他に、三叉神経痛・片側顔面けいれん外来、脊椎・脊髄外来があり、専門医による積極的な外科的治療を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 23 3.00 2.84 0 75.00
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 - - 5.39 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科は加齢に伴う白内障が占めています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 52 6.19 16.98 17.31 71.37
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等2 2あり 17 9.53 23.39 0 67.88
060030xx99x2xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 12 11.75 27.25 0 72.42
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 11 8.18 23.14 0 72.91
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし 11 11.82 14.67 9.09 66.45
放射線科は悪性腫瘍(サイバーナイフ治療)が上位を占めており、なかでも転移性脳腫瘍が最も多いです。サイバーナイフとは、ロボットアームに小型の放射線治療機器が搭載された装置で、患者さまの身体の周りを自由自在に動き、ピンポイントで腫瘍を照射する治療です。サイバーナイフは通常の放射線治療よりも短い日数で治療できるため、平均在院日数は全国と比べて非常に短い日数となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 20 2.00 2.53 0 72.20
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 5.92 7.20 0 72.92
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 10 2.00 2.72 0 57.70
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 - - 5.64 - -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 5.62 - -
泌尿器科は前立腺癌の検査(針生検)が最も多いです。2番目は膀胱腫瘍(膀胱癌)です。経尿道的手術とは内視鏡を用いて行う手術であり、早期癌の場合は全て取りきることができます。3番目から5番目は尿路結石症で、腎結石症、尿管結石症、膀胱結石症などがあります。尿管鏡を尿管内に挿入し結石を破砕・吸引にて除去する経尿道的尿路結石除去術や、背中に衝撃波を当てて結石を破砕する体外衝撃波結石破砕術などの手術を行い治療します。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 3.14 3.01 0 67.48
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 14.00 17.66 0 90.11
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 4.24 4.47 0 70.06
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 15 7.13 5.15 6.67 63.40
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 12.93 11.01 7.14 79.29
循環器内科は、虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)、心不全、不整脈が上位を占めています。なかでも狭心症が最も多く、心臓カテーテル検査にて冠動脈病変がないか検査します。治療箇所があるものは風船や金属の筒(ステント)を使い、狭くなっている血管を拡張する治療(心臓カテーテル治療)を行います。4番目の頻脈性不整脈は心房細動、心房粗動、心室頻拍などがあり、これらの原因となっている場所に高周波電流を流して焼灼する経皮的カテーテル心筋焼灼術を行います。5番目の頻脈性不整脈は房室ブロックや洞不全症候群などがあり、ペースメーカー移植術や交換術を行います。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - 10 - 33 1 7,8
大腸癌 - - - 65 18 96 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 -
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - 13 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率が高い5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)をStage分類別および再発患者(再発部位によらない)の患者数を集計したものです。
当院は大腸癌が最も多く、外科的手術や化学療法を積極的に行っています。乳癌および肺癌は他病院への紹介が多く、患者数は初発・再発ともに少数です。肝癌は再発が多く、肝動脈塞栓術(TAE)や薬物療法を行っています。2018年1月1日以降にがんと診断された症例はUICC TNM分類第8版を使用して分類しています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 65 21.69 84.88
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎です。

【集計方法】
重症度分類はA-DROPスコアを用い、下記5項目に対して1項目1点として算出しています。
 Age(年齢) : 男性70歳以上、女性75歳以上
 Dehydration(脱水) :BUN21mg/dl以上または脱水あり
 Respiratin : SpO2≦90%(PaO2 60Torr以下)
 Orientation(意識障害):意識障害あり
 Pressure(収縮期血圧) :収縮期血圧90mmHg以下

 軽症  :0点
 中等症 :1~2点
 重症  :3点
 超重症 :4~5点 ※ただしショックがあれば1項目のみでも超重症
 不明  :1つでも不明な場合

【特徴】
当院は中等症が最も多いです。平均年齢は80歳代と非常に高齢であり、重症度が高いほど平均在院日数が長くなる傾向にあります。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 45 44.51 77.29 12.96
その他 - - - -
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。
「その他」とは、脳梗塞発症から4日目以降に治療した症例です。
当院脳神経外科はtPA治療(血栓溶解術)に対応しており、発症3時間以内の急性期脳梗塞の治療が可能です。また、急性期リハビリテーションおよび回復期リハビリテーションに対応しており、患者さまの在宅復帰を目指した治療を積極的に行っています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 279 0.04 1.18 0.36 65.78
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上) 34 0.91 4.53 0 67.56
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 12.80 98.55 65.00 75.25
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 17 0.35 7.53 0 73.76
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 14 3.57 6.79 0 75.50
消化器系の手術が多く、なかでも内視鏡的大腸ポリープ切除術が上位を占めています。3番目の胃瘻造設術は認知症や嚥下障害で摂食できない高齢者に多くみられ、近隣の療養型病院と連携して対応しているため転院率が高くなっています。4番目は早期胃癌の手術です。5番目の内シャント設置術は血液透析を行うために必要な手術です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 39 1.03 4.49 0 65.74
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 11 0 1.00 0 66.73
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
消化器系疾患の手術が多く、開腹下、腹腔鏡下、内視鏡下など病態に合った手術を行っています。腹腔鏡下手術とは、全身麻酔下でお腹に小さな穴を開けて腹腔鏡を挿入して行う手術です。3番目の腹腔鏡下胆嚢摘出術は胆嚢結石症や胆嚢炎などの手術です。4番目と5番目は大腸癌の手術であり、患者さまに十分配慮して手術を行っています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 63 4.70 44.51 7.94 86.37
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 46 2.91 37.26 2.17 76.30
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 34 0.91 1.62 0 46.47
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 27 5.07 37.04 7.41 83.96
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 22 1.00 13.14 0 33.50
骨折手術のなかでは大腿骨転子部骨折が最も多く、平均年齢が80歳代であることから高齢者に多くみられています。2番目の人工関節置換術は変形性股関節症や変形性膝関節症など加齢に伴って発症する関節症に対応した手術です。当院は回復期リハビリテーション病棟を併設しているため、平均術後日数は長く、転院率は低いことが特徴となっています。当院では患者さまの在宅復帰を目指したリハビリテーションを積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 28 3.75 16.61 0 69.50
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 26 2.58 9.77 0 55.27
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 1.86 25.55 0 61.00
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 0.13 10.13 6.67 79.27
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 12 3.00 10.08 0 62.83
頚椎症や腰部脊柱管狭窄症といった脊椎・脊髄疾患の手術を積極的に行っています。2番目の頭蓋内微小血管減圧術は、神経にぶつかっている血管をわずかに動かして神経の圧迫を取り除く手術で、三叉神経痛や顔面痙攣症に対応しています。3番目の脳動脈瘤頸部クリッピングはうち21名が未破裂症例、1名が破裂によるクモ膜下出血症例です。脳神経外科は救急疾患を含めあらゆる疾患に24時間対応しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 25 1.00 1.00 0 75.20
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
水晶体再建術(白内障手術)が占めています。平均年齢は70歳代と、加齢に伴って発症する最も一般的な白内障です。水晶体再建術は外来手術も行っています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 22 4.27 6.00 0 70.18
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 13 1.92 3.00 0 72.92
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 10 0 1.00 0 57.70
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - - - -
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) - - - - -
経皮的シャント拡張術・血栓除去術は、血液透析で使用するシャントが狭窄により閉塞しないよう、バルーンカテーテルを用いて狭窄部位を拡げて血流を回復させる手術です。2番目は内視鏡を用いた経尿道的手術で、早期に発見された非浸潤性の膀胱癌を取りきることができます。3番目の体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は尿路結石症(腎結石、尿管結石など)に適応しており、体の外側から衝撃波を当てて結石を破砕する手術です。体への負担は少なく外来手術も行っています。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 13 5.62 3.46 0 72.38
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 11 0.36 3.73 0 62.55
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
経皮的冠動脈ステント留置術は、ステントという金属の筒を被せた特殊なバルーンを狭窄した血管に留置して拡張させる手術です。狭心症や心筋梗塞に適応しています。2番目の経皮的カテーテル心筋焼灼術は、脚の付け根などからカテーテルを挿入し、不整脈の原因となっている場所に到達させ、高周波電流を流して焼灼する手術です。適応疾患は心房細動、心房粗動、心室頻拍などです。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 38 1.45
異なる - -
感染症や合併症の発生率を集計したものです。
「同一」とは、前回の入院で治療を行い退院した後、合併症を発症し治療目的で再入院した症例です。
「異なる」とは、別の疾患の治療目的で入院した後、入院中に合併症を発症し治療を行った症例です。
手術・処置等の合併症/同一のうち、27件が透析シャント狭窄であり、経皮的シャント拡張術・血栓除去術や内シャント設置術などの手術を目的とした入院であることから、入院契機(きっかけ)となった病名と同一です。
注)患者数が10未満の項目は、-(ハイフン)で表記しています。
更新履歴
2016.10.01
平成27年度病院指標を公開しました。
2017.10.01
平成28年度病院指標を公開しました。
2018.10.01
平成29年度病院指標を公開しました。
2019.10.01
平成30年度病院指標を公開しました。